オオムラサキ

トップ > チョウ目 > タテハチョウ科

 「オオムラサキ」は北海道から九州にかけて分布するタテハチョウ科 コムラサキ亜科のチョウです。成虫は6月から7月にかけて発生し,樹液に集まったり,クリなどで吸蜜する姿を見かけます。
 日本の国蝶として有名で,日本に分布するタテハチョウの中では最大級です。また飛翔能力も高く,実際に見るとチョウの一般的なイメージとは違う力強さを感じます。