-トップへ-

かなりや

西条八十 作詞
成田為三 作曲
歌: 謡子

1
唄(うた)を忘(わす)れた 金絲雀(かなりや)は
後(うしろ)の山(やま)に 棄(す)てましょか
いえいえそれは なりませぬ

2
唄(うた)を忘(わす)れた 金絲雀(かなりや)は
背戸(せど)の小藪(こやぶ)に 埋(い)けましょか
いえいえそれは なりませぬ

3
唄(うた)を忘(わす)れた 金絲雀(かなりや)は
柳(やなぎ)の鞭(むち)で ぶちましょか
いえいえそれは かわいそう

4
唄(うた)を忘(わす)れた 金絲雀(かなりや)は
象牙(ぞうげ)の船(ふね)に 銀(ぎん)の櫂(かい)
月夜(つきよ)の海(うみ)に 浮(う)かべれば
忘(わす)れた唄(うた)を おもいだす