-トップへ-

九月の歌

西條八十 作詞
中山晋平 作曲
歌: めろう

1
楽(たの)しい楽(たの)しい 夏休(なつやす)み
芙蓉(ふよう)の花(はな)が もう咲(さ)いて
いつか九月(くがつ)に なりました
海(うみ)で暮(く)らした 子(こ)どもらは
海(うみ)のかもめに 申(もう)します
「仲良(なかよ)しかもめよ さようなら」

2
短(みじか)い短(みじか)い 夏休(なつやす)み
かなかなぜみが もう鳴(な)いて
いつか九月(くがつ)に なりました
山(やま)で暮(く)らした 子(こ)どもらは
山(やま)のこだまに 申(もう)します
「仲良(なかよ)しこだまよ さようなら」