-トップへ-

鞠と殿さま

西條八十 作詞
中山晋平 作曲
歌: 東北きりたん

1
てんてんてんまり てん手(て)まり
てんてん手(て)まりの 手(て)がそれて
どこからどこまで とんでった
かきねをこえて やねこえて
おもての通(とお)りへ とんでった
とんでった

2
おもての行列(ぎょうれつ) なんじゃいな
きしゅうのとのさま おくにいり
きんもんさきばこ ともぞろい
おかごのそばには ひげやっこ
けやりをふりふり ヤッコラサの
ヤッコラサ

3
てんてん手(て)まりは てんころり
はずんでおかごの やねの上(うえ)
もしもしきしゅうの おとのさま
あなたのおくにの みかん山(やま)
わたしにみさせて くださいな
くださいな

4
おかごはゆきます とうかいどう
とうかいどうは 松(まつ)なみ木(き)
とまりとまりで 日(ひ)がくれて
一年(いちねん)たっても もどりゃせぬ
三年(さんねん)たっても もどりゃせぬ
もどりゃせぬ

5
てんてんてまりは とのさまに
だかれてはるばる たびをして
きしゅうはよいくに 日(ひ)の光(ひか)り
山(やま)のみかんに なったげな
赤(あか)いみかんに なったげな
なったげな